自作キーボード

自作キーボードについてのエントリ。

2機目の自作キーボードを作った

新作完成! このサイズ感、無線動作。。。 たまらん。ふひひ。#自作キーボード pic.twitter.com/zIt0wUEnQi — YOSHIDA NEKOHA (@yoshida_nekoha) November 17, 2022 前作から 1 ヶ月、2 機目を設計、制作しました! Twitter に投稿したところ、

設計から自作キーボード

しばらく遊舎工房で買える自作キーボードキットを使って楽しんでいましたが、ついに設計に手を出しました。 自作キーボードでやりたかったこと。 ながらく40%を基本としたキーボードを使ってきましたが、久々に Factorio で遊ぼうとしたときに左手のキーが少なくて遊びにくかったのです。 そこでゲーミング左手キーボードも買ってみたのですが、格子配列に慣れすぎてキーが押せない・・・ そこで、格子配列40%にキーを少し足して、ゲームでも使えるものを作ろうと思い立ちました。 設計するとなるとハードルも高いですが、欲しい機能を全部盛り込める、というのが利点です。 いろいろ好きなことを盛り込んで、そしてできあがったレイアウトがこちら。 スペースバーは正直悪ふざけですが、40%では使われることがない割にキレイなキーキャップが多いので活躍の場を作ってあげたかった。 設計、発注! この辺の製造工程はいずれ書こうかなと思いますが、

Reviung41をBle Micro Proで無線化

BLE Micro Pro (以下BMP)を使って Reviung41を無線化しました。 電池キットは使わず、昇圧コンバータ使ってます。 ちなみに BLE 電源オフができません。今気づいた。 なぜ電池キットを使わなかったのか まず、Reviung41専用の電池キットはありません。 そうなるとボタン電池のキットが候補になるんですが、1000 時間もつとはいえボタン電池は基本使い捨て。 使い終わった電池の処分もめんどくさいので、入手しやすい 単3 or 単4 電池で考えていました。 そうなると、

Elite-Cでソフトリセットを有効にする

Reviung41を組み上げる際、Pro Microと互換性のあるElite-Cを使ってみました。 ほとんどそのまま使えるのですが、キー操作から書き込み可能モードにするには設定が必要です。 rules.mkの編集 とは言ってもrules.mkに1行追加するだけです。rules.mkがなければ作成しましょう。 BOOTLOADER = atmel-dfu 変更したらビルド&ライトします。 ハードウェアスイッチ押すのでもそんなに苦じゃないですが、これでキーボード操作でフラッシュ待機できるようになりました!!

Episode

00:00:00 00:00:00