VSCodeで開くファイルの文字コードを自動判別する
create: 2020-1-7
Windows10 VSCode

今、新規にプロジェクトを作成するとほとんどがUTF-8で開発を始めると思います。
でも、古いプロジェクトの現行ソースをもらうとShift-JISなんてのはよくあること。

VSCodeShift-JISでも開けるのですが、デフォルト設定では自動判別がオフなので、UTF-8で開こうとして文字化けしてしまいます。

自動判別を ON にする

  • Windows ならCtrl + ,、Mac なら⌘ + ,で設定を開く
  • Search settings の検索ボックスで files.autoGuessEncoding を入力
  • 開くプロジェクト全てに適用したい場合は User タブ、ワークスペースごとに設定したい場合はWorkspaceのタブを開く
  • チェックをオン

以上で自動文字コード判別が有効になります。
VSCode の右下の文字コードがShiftJISになり、改行コードがCRLFであることが確認できます。

文字コードの自動判別

自動判別の適用範囲

オンにすると便利なのですが、UTF-8のプロジェクトにShift-JISのソースを作成しちゃったときに気づきにくくなるのでご注意を。
自分の場合は過去資産を扱うプロジェクトのみに限定しています。