Vue.js

Nuxt.jsでSCSSを使うとき、グローバルの変数を使う

コンポーネントやページでいちいち変数ファイルの依存を追加するのが面倒なので。 どこでも使えるように設定します。 依存ライブラリの追加 yarn add -D @nuxtjs/style-resources 変数定義 SCSS の用意 今回は~/assets/css/variables.scssに作成しました。 // Import Bulma's core @import '~bulma/sass/utilities/_all';

Nuxt.jsでコンポーネントを一括登録する

Nuxt.js + Buefy 開発環境、快適。 いちいちコンポーネントを登録するのがめんどくさい Nuxt.js、便利ですがコンポーネントを作成したらimportするとか.jsファイルに登録するとかちょっと面倒です。 特にプロジェクトで大量に作成しなきゃいけないときとか、登録用の JS ファイルが競合したりもします。 ビルド時に一括読み込み webpackの仕組みで、ビルド時に指定ディレクトリを見て一括登録できます。 Vue.js のドキュメントに書いてありました。 他にも、mixinやfilterも一括登録したいですよね。 それをもとに書き起こしたのがこちら。 // ファイル名をコンポーネント名に変換する function

Episode

00:00:00 00:00:00