2022-05-01

個人開発|マンガ新刊チェック!

マンガ新刊チェック

マンガが好きです。
Amazon kindle でいつも買っているのですが、作者をフォロー登録してても事前に発売通知が来たりしません。
買い続けているシリーズくらいプッシュでリコメンドしてくれてもいいのにと思います。

発売前に予約しておきたい!
そして発売日に読みたい!

発売前に知る、を実現する

楽天さんでは発売予定のリストを JSON で取得することができます。
これを使って、キーワード登録したマンガを発売前に自動チェックしたい。

Amazon にも取得 API があるのですが、アフィリエイトで一定の成果がある人じゃないと使えません。
access to many が出るんですが、開発者のためにも1分に1回くらい叩かせてくれてもいいと思う。。。

そんな訳で、楽天データを使って新刊チェックするアプリを作りました。

マンガ新刊チェック!

これです!(スマホは QR コード読み取りで LIFF アプリに飛べます)
https://manga.bitto.jp/

LIFF QRコード

使い方

好きなキーワードで検索し、狙ったマンガがリストアップされるのを確認したらキーワードとして登録していくだけです。
登録されたキーワードを月イチの通知タイミングで検索して LINE 通知するだけの Bot です。

通知タイミングじゃなくても、マイリストからいつでも新刊チェックすることができます。

LINE ID で連携

キーワード登録、通知のためにLINE IDを使うようにしました。
公式のLIFF SDKをそのまま使いましたが、ドキュメントも充実していてとても扱いやすかったです。

LINE ログインなしでも、キーワード検索を試すことができます。
PC 版ブラウザでも LINE 連携していればフル機能を使えて、LINE に通知されます!

通知頻度について

無料枠だとアプリ側から月 1,000 件しかプッシュ通知できないみたいですが、そんなに人増えないと思っています。
とはいえ通知頻度を上げて使い切っちゃうとまずいので、月イチの通知に抑えました。

本音は月中に楽天さんのリスト更新もあるので、月 2 回くらいはやりたいところです。

キーワード検索について

2015 年からのデータを全文検索します。
自分では 50 件以上のキーワードを登録していて、65,000 件以上の書籍情報から検索するのですが、意外と早く返ってくるのでびっくり。

「化物語」の様に、既刊検索で何巻か歯抜けで返ってくるものがあります。 もともとのデータを調べてみたのですが、そもそも楽天さんのリストに登録されていないようです。
精度を上げるには別の方法でクローリングするとか、Amazon の API 使うとかしないと、かな。

まとめ

やりたいことはできたので、概ね満足です!
UI を改善したりとかは、モチベーションあるうちに継続したい。
ちゃんとアイコンとかも整理しないとな。

新刊チェックがめんどうだった方、ぜひ使ってみてくださいねー。


猫派 / 基本インドア / ガジェット大好き / RDP推進派 / 自作キーボード
コロナ禍の趣味はPC+VRでゲーム。
最近のゲーム:おやすみちゅう

→ Policy