2021-08-31

QMKでBM40にファームウェアを書き込みたいが、リセットスイッチがない

自キ
BM40
QMK

BM40 を購入しました。
で、QMK で BM40 にファームウェアを書き込みたいのに、リセットスイッチがない!

接続の仕方で書き込みモードに

ネットでもなかなか情報を得られず。
VIA でやれ、というのも見つけましたが VIA 使わんし。

そういえば・・・と、以前 AnnePro2 の書き込みモードの方法を思い出して、ダメ元でやってみました。

左上のキーを押しながら USB ケーブルを差し込む

一番左上(エスケープの位置?)のキーを押し込みながら USB ケーブルをつなぐだけです。
見事にQMK Toolsがフラッシュモードとして認識してくれました!

おかげで無事書き込むことができました。

おまけ・ファームウェア容量オーバーの場合

ちなみに Win & Mac で使うために 6 レイヤー駆使しているので、ファームウェア容量もいっぱいいっぱいです。 rules.mkファイルをいじってVIAとマウスキーを無効にしないと容量オーバーでコンパイルできませんでした。

VIA_ENABLE = no
MOUSEKEY_ENABLE = no

猫派 / 基本インドア / ガジェット大好き / RDP推進派 / 自作キーボード
コロナ禍の趣味はPC+VRでゲーム。
最近のゲーム:Factorio / にゃんこ大戦争

→ Policy