SONY WF-1000XM3
create: 2019-10-19
SONY WF-1000XM3

SONYから、ノイズキャンセラー付き完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3

去年から使ってたJBL FREE X がケースごと落として壊れかけてきたので買い替え。

いいところ

ぴったりを探すのが大変だけどイヤーチップのフィット感

開封したら、まずは自分にフィットするイヤーチップ探しから始まります。
サイズ・素材で聞こえ方がかなり変わります。
本体同梱の4サイズ・2素材からピッタリのものを探します。

やっぱりノイズキャンセル

完全遮音、とまでは当然いかないけどかなり外部の音を低減してくれます。
低音部分のキャンセルがよく聞いていると思いますが、キーボードのタイピング音は高い方のカシャカシャ音が残ります。
コンビニのぼそぼそしゃべる男性店員のヴォイスは、ほぼ完全にキャンセル。

接続安定性

接続安定性を売りにしていた、JBL Free XApple AirPodsより切れにくく感じます。
JBL Free Xも最初は切れにくいと感じていたのですが、使っているうちに切れやすくなってきました。何回も落としているからかな。
Uniherz ATOMという変態極小スマホを使っていますが、こいつはBluetoothも弱いらしく、Free XではとぎれとぎれでしたがWF-1000XM3では安定して接続できていました。
電車がホームに入ってくるときなどはさすがに切れました。

アプリから設定を変えられるところ

少しだけど。
公式アプリをスマホにダウンロードしておくことで、プリセットありのイコライザをいじったり、L/Rのタッチ操作を変更したりできます。
ファームウェアの更新なんかもここからできるみたいです。

気になるところ

風切り音が気になる

外を歩いているとき、風が側面のホールで響いてしまい、不快な音がします。
この音はキャンセルしてくれないのかなぁ。。。
無風の日は快適。

ケースがでかい

でかいです。Air Podsの2倍くらい。 Free Xもでかいと思いましたが更にでかい。
でも持ちやすい形状なので使い勝手は悪くないです。
Free Xのケースはまん丸なので、どこから開けるかでぷちストレス。

人の多いところで、ときどき右側だけ切れた状態から復活しない

駅のホームなど、人が多いところでは音が途切れがちになります。
これはどの製品でも大して変わらないんですが、右側だけ切れたまま復帰しないことがあります。

通話機能は微妙

通話機能、特に発話に難あり。
相手の声はよく聞こえるのにこちらの声が聞き取りにくいらしい。

評価

SONY WF-1000XM3JBL FREE XApple AirPodsの3種で比較したイメージ(個人的な感想です)。
通勤片道1時間ちょい(徒歩10分、電車1時間)くらいで使ってみた感想です。

音質

SONY WF-1000XM3 > JBL FREE X >>> Apple AirPods
コレはかなり個人の好みに左右されると思います。
遮音も含めての判断です。静かな部屋でならどれもそこそこの音で聴けますが、低音がよく鳴るのが好きなので

軽さ(本体のみ)

Apple AirPods <<<<< JBL FREE X < SONY WF-1000XM3
装着時の軽さ感。AirPodsがダントツで軽く、続いてFree X, WF-1000XM3となります。
とはいってもWF-1000XM3でも重すぎるってことはないと思います。
歩いたり、信号での小走り程度なら落ちそうになったこともありません。

遮音性

SONY WF-1000XM3 > JBL FREE X >>> Apple AirPods
当然ノイキャン機能のあるSONY WF-1000XM3がトップですが、イヤーチップをもつJBL FREE Xも通常用途では十分です。
Apple AirPodsは周囲の音をかなり拾ってしまうので低音も聞こえにくく、結果ボリュームを上げることになります。
静かめの曲を聴くならノイズキャンセルがかなり活きてきますが、EDMやメタルなどではノイズキャンセルは必須ではないですね。
オフィスの中で集中したい、というときは音楽無しでSONY WF-1000XM3を使うのもいいかも。

総評

JBL Free X に不満があったわけではないですが、ノイズキャンセルありということで満足感は高いです。
他社からもより安価なノイズキャンセル完全ワイヤレスが続々と発表・発売されているので、そちらも気になります。