B550は第2世代Ryzenをサポートしていない話
create: 9/21/2020
自作PC AMD

RTX3080 出たので、新しいゲーミングマシンでも組むかーと思って、ミドルスペックでマザー探してました。
X570 がいいかなと思ったけど、B550 が値段・性能的にバランス良く、ファンレスなので静音 PC にも向くだろうということで B550 のマザーにしました。

今使ってるのが B450 なので、上位の B550 なら今の CPU も使えるだろう~くらいの軽い気持ちで。
NVMe のスピードも上げたかったので、「PCIe® 4.0」対応は欲しかった。

※ でも発売日にRTX3080は買えなかった

でも CPU は旧世代の 2600 を使おうと思ってた。

そろそろRyzen 3の発売も控えているので、しばらくは今使ってる Ryzen 5 2600 の使い回しで、と考えてました。

CPU 換装、起動しない

まあ、当たり前なんですけど。
起動したら CPU エラーの LED が光りっぱなし。画面が出ない。

あれぇ、なぜだ、旧マザーに載せたらちゃんと動く。
また B550 マザーに CPU 移して・・・というときに大惨事。

CPU 落とした。

しかもケース内で、ピン側から!!

やばい、ピン曲がった! 何本も!
泣きながらピンを1本ずつ直して、B550 に指すもやっぱり起動しない。

やっちまった。CPU 壊れた。ホントに泣いた。

絶望感いっぱいのなか、いったん昼ごはん食べて旧マザーに指したら動いた。

良かった、CPU は死んでない。

なぜ?

旧マザーで動いたのに新マザーで動かないってのは初期不良かコノヤロウ?!
・・・まで考えたところで、スペックシートを確認。

AMD のウェブサイトで確認したら「第 3 世代 AMD Ryzen™ プロセッサー以降に対応しています」とのこと。
2600はがっつり対象外っすわ。

結局第 3 世代 CPU を注文した

Zen 3まで待とうと思ってたのに・・・
Ryzen 7 3700X を 39,578 円で注文しました。

ちょうど先週から値上がりしているバッドタイミング。
Zen 3 発表まで後少しという間の悪さ。

先日水冷ポンプを壊してしまったので、交換用のパーツが届く頃には Zen 3 発表されてるかもな・・・
それまで待てば良かったかな・・・

と後悔が止まりません。

まとめ

スペックはちゃんと確認しましょう。
とりあえず CPU 死んでなくてほんとに良かった。

ほんとに良かった・・・