gitリポジトリの初期化とファーストコミット
create: 2019-12-17
git

リポジトリ作るたびにやってることのメモ。

ディレクトリを git リポジトリにする

cd 対象ディレクトリ
git init

最初のコミットの前に

.gitignore ファイルを作っておきましょう。
node_modulesのような、ソースから復元できるものはリポジトリへの登録対象外にしておきます。

node_modules/
bin/
dist/

git add

.gitignore の設定は終わりましたか?
まとめて作業ディレクトリ内を登録します。

git add .

コミットしてみる

git commit -m '1st commit'

おっと?

\*\*\* Please tell me who you are.

Run

git config --global user.email "you@example.com"
git config --global user.name "Your Name"

to set your account's default identity.
Omit --global to set the identity only in this repository.

コミッタ情報がないよ!
自分の場合、会社用・NEKOHA 活動用に分けるためにグローバルコンフィグに user 情報を入れていないので、毎回これで怒られます。

リポジトリにユーザ情報をセット

このリポジトリのコミッタとして使うユーザ情報を登録します。

git config --local user.name "NEKOHA"
git config --local user.email "NEKOHA@SAMPLE.GMAIL.COM"

--local オプションをつけると、このディレクトリのみで適用されるユーザ情報となります。

これができたら無事コミットできます!