gitのdiffをWinMergeで見る
create: 5/30/2020
Windows git

git diffWinMergeで。
ちょっと設定するだけですぐ使えます!

.gitconfig の編集

ユーザフォルダにある .gitconfig を編集します。
関連付けてあれば PowerShell からも編集起動できます。

start ~/.gitconfig

エクスプローラから探すときは、隠しファイルの表示をオンにしてください。

.gitconfig に設定を追加

下記のコードをまるまるコピーして .gitconfig の最後に追記すれば動きました。
環境によっては WinMerge のインストールパスが違うかもしれないので読み替えてください。

[diff]
    tool = WinMerge
[difftool "WinMerge"]
    path = C:/Program Files/WinMerge/WinMergeU.exe
    cmd = \"C:/Program Files/WinMerge/WinMergeU.exe\" -f \"*.*\" -e -u -r \"$LOCAL\" \"$REMOTE\"
[merge]
    tool = WinMerge
[mergetool "WinMerge"]
    path = C:/Program Files/WinMerge/WinMergeU.exe
    cmd = \"C:/Program Files/WinMerge/WinMergeU.exe\" -e -u \"$LOCAL\" \"$REMOTE\" \"$MERGED\"
[alias]
    windiff = difftool -y -d -t WinMerge
    winmerge = mergetool -y -t WinMerge

比較してみる

PowerShell から起動!

普段の作業は VSCode での比較で十分ですが、ブランチやコミットとの比較はこちらの方が見やすいです!
レビューのときに役立ちますね!

参考

git の差分比較・マージを WinMerge で行う - Qiita

WSL から呼べる?

呼べるけど、WSL 上のファイルは WinMerge 側から参照できないので使えません!
/mnt/c/から始まる Windows パスなら使えるようです。
Windows パスの場合、PowerShellから操作したほうが早いので使ってません。

WSL(Ubuntu 18.04)環境の git で WinMerge を使う方法