git入れたら最初の設定
create: 2019-5-22
update: 2020-3-12
git

もう何回調べてるんだか。
git 使うならとりあえずやっとけ系。
WSLでも使えます。

sh の入手

git-completiongit-promptを入手。

cd ~

wget https://raw.githubusercontent.com/git/git/master/contrib/completion/git-completion.bash -O ~/.git-completion.bash
chmod a+x ~/.git-completion.bash

wget https://raw.githubusercontent.com/git/git/master/contrib/completion/git-prompt.sh -O ~/.git-prompt.sh
chmod a+x ~/.git-prompt.sh

~/.bashrc の編集

~/.bashrc に以下を追記。

# スクリプト読み込み
source $HOME/.git-completion.bash
source $HOME/.git-prompt.sh

# プロンプトに各種情報を表示
GIT_PS1_SHOWDIRTYSTATE=1
GIT_PS1_SHOWUPSTREAM=1
GIT_PS1_SHOWUNTRACKEDFILES=
GIT_PS1_SHOWSTASHSTATE=1

############### ターミナルのコマンド受付状態の表示変更
# \u ユーザ名
# \h ホスト名
# \W カレントディレクトリ
# \w カレントディレクトリのパス
# \n 改行
# \d 日付
# \[ 表示させない文字列の開始
# \] 表示させない文字列の終了
# \$ $
export PS1='\[\033[1;32m\]\u\[\033[00m\]:\[\033[1;34m\]\w\[\033[1;31m\]$(__git_ps1)\[\033[00m\] \$ '
##############

適用

最後にgit-completiongit-promptを有効にします。

source ~/.bashrc

参考資料

「Git 補完をしらない」「git status を 1 日 100 回は使う」そんなあなたに朗報【git-completion と git-prompt】
https://qiita.com/varmil/items/9b0aeafa85975474e9b6