使用するnode.jsのバージョンを変更する
create: 6/30/2020
node.js

デフォルトインストールされたものとは違うバージョンを使いたい場合。
nを使って変更する手順です。

sudo npm i -g n

これでバージョン管理ツールはインストールできました。

n lsr で使える node.js のバージョン一覧が見られます。

n list
# find: '/usr/local/n/versions': No such file or directory

/usr/local/n/versions ディレクトリがないけど?と怒られることがあります。
作ってあげましょう。

mkdir -p /usr/local/n/versions

これでバージョン一覧が見られるようになります。

12 系の最新版を使いたい

Surface Pro Xは ARM アーキテクチャで動いているのですが、v14 系で node-sass など、動作しない重要なライブラリがあったので 12 系を使うことにしています。
特定バージョンを指定せず、12 系の最新を使いたい!というだけならコマンド一発です。

sudo n 12

これで本日時点 12 系の最新、12.18.1がダウンロード&インストールされます。

n系個別にインストールしたい

細かいバージョンを指定したい場合。

一覧の取得

まずは一覧を取得します。

n lsr 12 --all

これで 12 系のバージョンがずらっと表示されます。
12 の部分を入力しなければ全バージョンが表示されます。

バージョンをチェックしてインストール

使いたいバージョンが決まったら n コマンドでインストールします。

sudo n 12.9

12.912.9.012.9.1の 2 つが存在します。
12.9で指定すると新しい方、12.9.1がインストールされます。
12.9.0を使いたい場合は最後まで指定するとインストールできます。