Twitter埋め込みでサイトをにぎやかす
create: 2018-10-1
Twitter

Twitterアカウントを持っているなら、TweetラインやDMリンクを埋め込んでサイトをにぎやかにしてみましょう。
意外と簡単です。

Twitterをサイトに埋め込む

Twitter Publishから設定に答えていくだけです。

まずは自分の公開URLを入力

https://twitter.com/アカウントが自分の公開URLになります。これを入力。

タイムラインを表示させるのか、Tweetボタンを表示させるのかを選ぶ

タイムラインを表示させるならEmbedded Timeline、Tweetボタンを表示させるならTwitter Buttonsを選びます。

埋め込み用コードが表示される

これだけで埋め込みコードが表示されます。Copy Codeボタンでクリップボードにコピーされたコードを自分のブログにペーストするだけです。簡単!

set customization options.をクリックすれば、表示する幅と高さ、言語や色合いをカスタマイズできます。

Twitterのリソース

サイト内でTwitterアイコンやバナーを使いたければ、公式のリソースをコピーしてきましょう。
素材はTwitterのブランドリソースから取得できます。
フッタ用にアイコンを使わせてもらいましたが、サイズが400x400pxと大きいのでCSSで縮小しました。