Google AdSenseで広告を出す
create: 2018-10-10
Google Ads Blog

Google AdSense

せっかく独自ドメイン取ってサイト運営するなら、Google AdSense(以下Ads)を使って広告を載せてみましょう。
あわよくばクリックインカムでお金持ちに!

使い方

基本的には登録してJSコード貼り付けるだけ。

  • Google AdSenseに登録
  • サイトのヘッダ(headタグ)にコピペ

作業後、ここからGoogleの審査が入るみたいです。

Googleによる審査

Adsはサイトにスクリプトを貼り付けたらおしまい、というわけではなく審査があります。
審査は自動か人力かはわかりませんが、Googleに定められたコンテンツ基準を満たしている必要があります。

  • 独自ドメインであること
  • 公序良俗に反する記事がないこと
  • 転載・盗作ではないオリジナルコンテンツであること
  • プライバシーポリシーが明記されていること
  • etc...

独自ドメインが必要、というところで無料ではできませんね。
ですが独自ドメインさえあればあとはコンテンツを揃えるだけです。

プライバシポリシーの明記

必須コンテンツとして、Cookieの取扱などを記述したプライバシーポリシーをサイトに明記する必要があります。
このサイトでもプライバシーポリシーとして掲載しています。
フッタに配置して、どのページからもアクセスできるようにしています。

プライバシーポリシーの引用元について

プライバシーポリシーを設置するに当たり、 【コピペでOK】プライバシーポリシーの書き方|AdSense・Analytics対策からコピペさせていただきました。
ありがとうございます!

アカウントが有効になるとGoogleからメールが来ます

2018/9/20に登録して、有効化のメールが来たのは2018/10/10と、約3週間を要しました。
自分以外のアクセス数がおそらくゼロなのも関係していると思います(通常は3日くらいでOKらしい?)。

表示の確認をする

Chromeを使って確認していたのですが、Googleに広告アカウントでログインしていると、広告が表示されません。
おそらく不正クリックを防ぐためなのでしょう。
⌘ + Shift + nでシークレットウィンドウを開くと確認できました。

注目すべきは、headタグに挿入した数行のコードで広告の表示位置まで自動で検出してくれること。
広告表示枠の設置すら不要なんです。

時間はかかりましたが、これでようやくOKです。
あとはコンテンツを充実させてアクセスを稼ごう!

追記:広告表示用スクリプトが更新されていた!!

2019/10/28追記。
なんかPPVが伸びてる割にクリックされないし自分で見ても広告がでてないな~と思って、GoogleAdsからスクリプトを確認してみたら。

!!!!!!!

なんか以前と書き方が違う!

変更前

  <script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
  <script>
    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
      google_ad_client: "ca-pub-xxxxxxxxxx",
      enable_page_level_ads: true
    });
  </script>

変更後

<script
  data-ad-client="ca-pub-xxxxxxxxxx"
  async
  src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">
</script>

属性にクライアントIDをセットして、スクリプト読み込み後のコードが不要になってるよ!

慌てて書き直してデプロイしたら、今度はやたらと広告が差し込まれるようになりました。

多いけど記事が読みにくいほどではないし、まあいいかな。