EclipseでJavaプロパティファイルを編集しやすくする
create: 2020-1-27
Eclipse

Eclipse: 2019-12

Java のプロパティファイルって、日本語は Unicode にエスケープされてますよね。

err.len={0} \u306f \u534a\u89d2 {1} \u6587\u5b57\u3067\u5165\u529b\u3057\u3066\u304f\u3060\u3055\u3044\u3002

エラーメッセージを確認・変更したいだけなのに何が書いてあるかわからないし、どう編集していいかもわからない。

Eclipse プラグインの PropertiesEditor を入れる

この問題を解決するには Eclipse に PropertiesEditor プラグインを追加してあげれば良いです。

手順

Eclipse の英語版の手順です。Pleiadesな人も、日本語表記になっているだけで手順は一緒です。

ソフトウェアのリポジトリを追加する

  1. Eclipse のメニューから HelpInstall new software を開く
  2. Installダイアログが開くので、Add... ボタンからAdd Repositoryダイアログを開く
  3. NamePropertiesEditor と入力。
    • ここは次のステップでの目印になる名前になります
    • 探しやすい名前なら何でも OK
  4. Locationhttp://propedit.sourceforge.jp/eclipse/updates/ と入力(httpsではない)
  5. Addボタンを押すとダイアログが閉じます

ソフトウェアを探す

PropertiesEditorインストール

  1. InstallダイアログのWork with ドロップダウンリストから、先程の手順で追加したPropertiesEditor を選択
  2. ソフトウェアリストが表示されるので、下の方にある PropertiesEditor にチェックを入れる
    • 上の画像のようになります
  3. Next を押す
  4. Next を押す
  5. ライセンス確認画面でI accept the terms of the license agreement をチェック
  6. Finish を押す

インストール後、促されるまま Eclipse を再起動してください。

.propertis ファイルを開く

インストールが終わった後、*.propertiesファイルを開いても素の表記のままです。
明示的にPropertiesEditorで開く必要があります。

Eclipse のパッケージエクスプローラから対象ファイルを右クリックし、Open withPropertiesEditorをクリック。

err.len={0} は 半角 {1} 文字で入力してください。

日本語で表示、編集可能になりました!

デフォルトの.propertiesファイルエディタの切り替え

このままではデフォルトエディタとして認識してくれない場合。

デフォルトで開く設定

  • EclipseのメニューからWindowPreferencesを開く
  • GeneralEditorsFile Associations を開く
  • .properties を選択
  • Associated Editors から PropertiesEditor を選択し、Default ボタンを押す

それでは良いコーディングを!