HHKB(JP) + Alternative ControllerでMacでいう英数/かなキーを実現する
create: 2019-9-11
HHKB Windows10

長かった。このセッティングにたどり着くまで。。。

HHKB(JP) + Alternative Controller

HHKB の改造コントローラ、Alternative Controllerで Bluetooth 化したのはいいんですが、搭載している Bluetooth モジュールの制約で変換無変換のキーコードを送ることができません。
Windows の半角/全角 キーによる IME モードのトグルチェンジではなく、Mac のように一発で「かな/英数」キーで IME の有効/無効を切り替えられないかと試行錯誤していました。

「黙って US 配列使え」っていうツッコミはなしの方向でお願いします。

そしてこのたび、ようやく納得の行くセッティングを詰めることができました。

いままでの設定

変換/無変換のキーに Alt + ``を割り当ててトグル動作で使ってました。 英語キーを使っているとき、Windowsでは標準でこのキーバインドが半角/全角`キーのように動作します。

しかし RDP で使っていると結構な頻度でAltが効かず、Grave だけ入力されるので地味にストレス。
全角にしたいときにすでに全角になっていて、2回押しちゃうこともしばしば。地味にストレス。

今日からの最適解? Ctrl + Shift + Fn キーを使う

普段Google日本語入力を使っているのですが、切り替えのキーバインドにCtrl + Shift + Fnキーが使えることに気づきました。
変換キーにCtrl+Shift+F8無変換キーにCtrl+Shift+F7を割り当てます。

この組み合わせにしたのは、適当にEclipseVSCodeなどで変な機能が暴発しないことを確認できたからです。
暴発しないならF1F2でもいいはず。

早速Google日本語入力にキーバインドを追加設定。
Ctrl+Shift+Fnセッティング

続いてAlternative Controllerのファームウェアを書き換え。
修飾キーとバインドできるACTION_MODS_KEYではうまくできなかったので、ACTION_MACROで登録しました。

どうなった?

問題なく成功しました。
こころなしか Bluetooth + RDP でもキー不発率が低いような。
有線+RDP なら今のところ不発なしです。
快適!